「とよた産業ナビ」は豊田市の企業を支援する産業情報サイトです。

0565-34-6774

産業労働課 〒471-8501 豊田市西町3-60

お問い合わせ

小島プレス工業 株式会社

設計の醍醐味はカタチあるものを生み出すこと

小島プレス工業

  • 長江 美波さん(ながえ みなみ さん)
  • 岐阜県多治見市出身 2018年入社 自動車の金属・樹脂・電子部品を生産する設備の構想設計・設備改善を担当

会社選びの軸をどこに置くのか

会社説明会の際、入社5年目までの若手社員と直接対話できる機会が設けられており、実際に仕事をしている方の生の声を聞けたことが印象的で、この会社に興味を持ちました。決め手となったのは、地元の自動車産業での就職という安心感。そして、朝食付きの社員寮や、昼食の無料給食制度、誕生日にはお祝いのクッキーがもらえたりと、ユニークな福利厚生が充実しているところも魅力的でした。就職活動をする上で大事なことは、就きたい職種を優先するか、待遇で決めるのかなど、選択の軸をどこに置くかということ。いろいろな企業を見学して迷ったときに、その軸を中心に決定できるといいと思います。

役立っていると実感できるやりがい

仕事は主に自動車部品を生産する設備の構想設計や、設備改善をしています。例えば車の内部の窓上についているアシストグリップと呼ばれる取っ手。グリップがバネで動く仕組みになっていますが、そのバネを組み付ける設備の治具設計や改善です。バネを組み付けやすいように、治具といわれる補助工具をCADで設計します。CAD設計は画面上で目視することしかできませんが、実際に設備に組み込まれて動作を確認できたときは「すごいな!ちゃんとできてるな」と、感動もひとしおです。設備改善を通じて「ありがとう、助かったよ」という声が届くとやりがいを感じますね。

尊敬できる直属の上司を見習って

取り扱い部品が金属・樹脂・電子部品と多岐に渡るため、設計に必要とされる知識は幅広く、入社して2年が経ちますが勉強の日々です。そんなときいつも助けてくれるのは、共に設計をする直属の上司。設備の構想設計だけでなく電気系統や実際に機械を組み付ける現場の知識や経験が豊富で、様々なアドバイスをしてくれます。また、知識だけではなく取引先のメーカーや他部署の方ともコミュニケーションをうまく取って、いい関係を築けているのでそこも見習いたいです。いつかは私も上司のように確信を持って設計し、より作業者の方が使いやすい設備を世に送り出す仕事ができるようになりたいです。

1日の流れ

  • メーカーからのメール確認
  • 納品処理や社内便の受け入れ
    発送業務等の庶務
  • 上司と業務連絡、構想設計についての相談
  • CADでの設計や、他部署との打ち合わせ
  • 就業後、夕食・夫のお弁当の準備
    夕食後、Youtubeを見て過ごす

トップページへ戻る