「とよた産業ナビ」は豊田市の企業を支援する産業情報サイトです。

0565-34-6774

産業労働課 〒471-8501 豊田市西町3-60

お問い合わせ

水嶋建設 株式会社

業務内容より、どんな人と働くのかを考えました

水嶋建設株式会社

  • 青木 恒弥 さん(あおき こうや さん)
  • 愛知県豊田市出身 2016年入社 大工として勤務

父も大工。子どもの頃から憧れの職業でした

父も大工で子どもの頃から働く姿を見て憧れていて、自分も大工になりたいと思っていました。
最近は、木材を機械で加工することが多いのですが、ここでは昔ながらの手刻みで木材を加工することも行なっています。この会社でなら「伝統的な技術」を学ぶことができるというのが応募した理由です。
高校は普通科だったので建築について特別な勉強をしていません。棟梁や先輩たちから学ぶほか、仕事が終わってから週に2回、豊田高等職業訓練校に通わせてもらい、建築を勉強しています。仕事に役立つと思い二級建築士の資格を働きながら取得しました。

一歩一歩目標に近づく。自分を感じられる

最初は現場の掃除が主な仕事。先輩をアシストしながら大工の技術を学び、少しずつ仕事を任されるようになりました。
職人気質の棟梁に叱られることは日常茶飯事ですが、いつも温かく接してもらえ、家族のような存在です。
やればやるほど、できることが増えていくことにやりがいを感じます。「棟梁になって家を建てる」ことが自然と目標になりました。

建てた家が増えるごとに豊田がどんどん好きになります

大工の仕事は、先輩たちから厳しいことを言われる職場が多いと思います。そんな時は僕も落ち込みますが、「自分ができなかったのだから仕方ない」「次は失敗しないぞ」と気持ちを切りかえてます。“棟梁になるのだ”というような目標を持ってあきらめないことが大切です。

青木さんに一問一答!

仕事の苦労、大変なことは?

知識、技術を身につけること。夏場の外仕事などは、臨機応変な対応を求められる。

仕事のやりがいは?

住宅は一つとして同じものはないから、いろいろなものがつくれる。

トップページへ戻る